一度くらいは

デリヘルやソープを利用してみよう。

男なら、一度くらいは風俗に行ったほうがいい。断言する。
デリヘルもソープも知らないまま歳を取るのは、もったいない。いや、もちろん歳を取ってからでも風俗というのは利用できる。むしろ中高年が利用層としては一番多いのだろう。
だが、それでも敢えて言わせてもらいたい。若いうちに風俗に行くべきだ、と。もちろん、今かたわらにすでに愛すべき人がいるというのなら話は別だ。一人の女性を愛し抜く人生も悪くない。

だがもし、異性との出会いに積極的でないのなら、または積極的であっても出会いに恵まれないのであれば。
風俗に行くべきだ。断言できる。風俗に行くことで、男として一皮向けた存在になれるだろう。

何でも経験してみるもの……というのは、陳腐なようでいて、まったくその通りだと思う。いや、実に奥の深い言葉だ。
経験してみなければ、わからない。わからなければ、考えようがない。考えられなければ、それはその人にとってはないも同然なのだ。
せっかく世の中に風俗という、男にとって素晴らしいサービスがあるというのに、それを知らないままにしておくなんて、もったいないという言葉でしか言い表せない。

デリヘルも、ソープも、男としてのあなたを待っているというのに、それでもデリヘルやソープを利用しないまま、男であることをやめてしまうのだろうか。
それは損失だ。男として、人としての損失だ。

絶対に、一度は風俗を利用したほうがいい。
若いうちに、風俗を利用したほうがいい。

このエントリーをはてなブックマークに追加